2020年11月5日(第2017号)/2020年度上半期新設住宅着工、「持ち家」60年前の水準に=回復兆しに感染症拡大で打撃、11・3%減の41万4千戸 | 住宅産業新聞

2020年11月5日(第2017号)/2020年度上半期新設住宅着工、「持ち家」60年前の水準に=回復兆しに感染症拡大で打撃、11・3%減の41万4千戸

主なトピックス
プレ協「エコアクション2020」ZEH供給率6割超に/KNDコーポレーションがミャンマーで技能実習生を育成、工務店・ビルダーの人材不足に対応=事前訓練の充実で現場の即戦力に/国内リフォーム需要、回復、予想より早まる=LIXILグループとTOTOが上方修正、LIXILグループ=〝底〟予想10・11月から9月に-「自信持った」と瀬戸社長、TOTO=ショールーム来場徐々に戻る-清田社長「存在意義問われた」/大和ハウスや東急建設、BIMの効果を中間報告=建築BIM推進会議のWGで/キッチン・バスの日特集/新設住宅着工都道府県別表(9月分)

連載
コラム「ひと」=積水化学工業・住宅カンパニー住宅事業統括部研修グループ長の竹中寛さん/注目の助成金=68(ナビット社長 福井泰代)//これからの木造建築のつくり方=40(株式会社MAKE HOUSE・今吉義隆)

掲載記事一覧
YKKAP、2021年に「小屋」発売=展示会に「ハコベース」出展/新設住宅着工2020年9月度、9・9%減の7万186戸=持ち家、昭和35年に次ぐ少なさ/TOTO、部品在庫積み増し=不測の事態に備え、プラットフォーム化と並行/LIXIL、「デッキ」など見積り件数アップ=4~9月、〝自宅での時間増加〟が需要喚起/LIXILグループ、生産・物流・デジタル部門以外の40歳以上正社員に希望退職プログラム「ニューライフ」/野村不動産、国産木材の活用強化、「プラウド」など集合住宅で/大和ハウスと横浜市、分譲地で電動車いすの導入実証開始/三栄建築設計が中期経営計画を発表、コロナ禍で計画見直し=2023年8月期の売上高1800億円に/大東建託が都市部単身者向け賃貸住宅「リグノアール」の販売開始、「DK SELECTセキュリティ」を導入/LIXIL住宅研究所が栃木に初の無人モデル、県内5ヵ所でスマホを活用/アールシーコアの「BESS」ブランドが累計2万棟に、「LOGWAYクラブ」の好調が要因に/9月の木造軸組住宅着工は前年同月比9・0%減に/2020年秋の勲章・褒章の受章者、国交省関係では367人・9団体/日本住宅・木材技術センターがタカミヤの狭小用耐力壁を認証/11月の住宅ローン金利 他

決算
積水化学住宅カンパニー20年度第2四半期=/LIXILグループ211年3月期第2四半期連結/TOTO21年3月期第2四半期連結

人事・機構改革
大和ハウス工業/長谷工コミュニティ

 関連(広告)

関連するキーワード

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)