2020年11月12日(第2018号)/ポラス建築技術訓練校の佐藤主任、新勾配となる『長中殳(こ)』を割り出し=電動丸のこで加工効率化

主なトピックス
住団連2020年度第2四半期景況感、6四半期連続でマイナス/リノべるが遠隔施工管理の仮運用を実施、設計者の業務改善が目的=施工品質管理の利便性も高まる/タカラスタンダード渡辺社長、「収益力強化継続が最重要」と=〝求めるもの〟短期的には変わらず/建築研究所が水害対策を調査研究、「耐水化」コスト増でも修復費抑制に効果=増える水災害へ対応促す/新設住宅着工都道府県別表(20年度上半期)

連載
コラム「ひと」=大建工業デザイン部プロダクトチームの瀧澤光さん/これからの木造建築のつくり方=41(株式会社MAKE HOUSE・今吉義隆)/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫=291

掲載記事一覧
東急不動産など3社が共同出資覚書、第1号案件で青森の陸上風力発電に=再生可能エネ普及・拡大へ/抗ウイルス建材、開発と訴求強まる=パナソニックが住宅用床材、アイカ工業はモデルハウスに採用/ジャパンホームシールド、地中のガス成分で土質判別=SDS併用で判別精度向上/みよし市分譲地軸に15社が連携、災害サポートなど5項目で=自動車や住宅会社ほか地域活性化など主眼に/環境省など、積水ハウスと大和ハウスの大手住宅企業を顕彰/住友林業、米国子会社がアトランタの分譲事業譲受、米国単体で1万戸供給体制構築/コスモスイニシア、都内2ヵ所で新築タウンハウス販売開始/埼玉県知事が積水ハウスに感謝状、環境基金への寄付で/住友林業、茨城に移動式木造建築実証棟、通常は宿泊も非常時には仮設住宅にも/各社が無人モデルハウス始動=アキュラホーム・ハウセット/クリエイト礼文が運営するユニテハウスが長崎県に初進出=ミウラ美装が大村市内にモデルハウスを開設/大東建託シーリングが賃貸借契約手手続きの電子化を開始/ハイアス・アンド・カンパニーの子会社ans、完全オンライン店舗「ansサテライトショップ」をオープン/LIXILグループ瀬戸社長、希望退職プログラム「ニューライフ」の背景説明=「変化先取り」「多様な人材を」と/大建工業、ホームページに「Daiken Design(ダイケンデザイン)」=デザインの取り組みを発信/LIXIL、住設備・建材製品の一部を2021年4月1日受注分から値上げ/パナソニック、〝全自動おそうじトイレ〟「アラウーノ」に「自動フタ閉じ後洗浄機能」搭載=感染予防で/永大産業、草加に物流拠点=BCM対応で新設/国交省、中小企業向けに海外展開の個別相談会を実施へ=住宅建築など事業者の海外進出を後押し/リビングテックカンファレンス、オンラインで開催=スマートライフを日本市場へ/9月の住宅投資予定額、7・4%減/支援機構のマンション積立債、平均応募口数が増加/7~9月のフラット35、新規申請戸数は6%減 他

決算
旭化成ホームズ21年3月期第2四半期/タカラスタンダード21年3月期第2四半期

関連するキーワード

こんな記事も読まれています

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)