2020年10月15日(第2014号)/環境省2021年度予算、ZEH支援に65億5千万円=工事経験など要件を追加 | 住宅産業新聞

2020年10月15日(第2014号)/環境省2021年度予算、ZEH支援に65億5千万円=工事経験など要件を追加

主なトピックス
三井ホーム、木造の中層集合住宅事業領域拡大に着手、国交省の先導事業採択で/ポラスガーデンヒルズがLIXILなどと分譲展開、建物と外構を一体設計=八千代市内で19棟の分譲地/LIXIL、「とこラボ」にトイレ・洗面の開発拠点集約=効率向上や期間短縮、「基幹事業」の競争力強化で/マンション届け出制度=問題解消に成果、総務省が自治体を調査/LIFULLが業界展望、コロナ禍における不動産事業者のビジネスへの影響が拡大

連載
コラム「ひと」=TOTOキッチン・洗面事業部キッチン開発グループの松下真弓さん/これからの木造建築のつくり方=37(株式会社MAKE HOUSE・今吉義隆)/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫=288/注目の助成金=67(ナビット社長 福井泰代)/ネット追客の成功法=79(㈱追客力代表 曽根田太郎)

掲載記事一覧
大和ハウス工業とNECが実証実験、施工現場を遠隔管理/住まいづくりナビセンター「コロナ禍によるリフォーム需要の変化と事業者のIT活用状況に関するアンケート」、リフォーム〝コロナ禍〟で売上減/矢野経済研究所が2020年度の住宅設備機器の市場規模を予測、着工減やコロナで前年度比9・4%減/積水ハウスとマリオット、栃木宇都宮のホテルで「急がない旅の楽しみを提案」/積水化学グループ、あさかリードタウンの一角に社会型有料老人ホーム/三井不動産と竹中工務店、木造の高層賃貸オフィスを検討/東急不・世田谷と浦和の分譲マンションに在宅仕様モデル/中央住宅が初の戸建住宅とマンションの複合開発、196戸のマンションを柏市で販売=デメリット上回る利便性を強調/ケイアイスター不動産が高崎市の無人な内覧型モデルハウスに遠隔接客サービスを導入/細田工務店が横浜市に初のタイアップモデルハウスをオープン/LIXIL住宅研究所が鹿島スタジアムの託児室をリニューアル、キッズセーフティー仕様で/ノンブローカーズが「リショップナビ」と相互送客による業務提携/三協立山・三協アルミ社、リフォーム用玄関ドア「ノバリス 玄関ドア」の商品力強化=デザインや取り付け対象、よりニーズを反映/アイカ工業、新収納システム製品に〝お勧め〟提案プラン=「Smart Shuuno(スマートシューノ)」を発売/三協立山・三協アルミ社、電動シャッターの遠隔操作可能に=「アルジオ」用アルミシャッターも/日立グローバルライフソリューションズ、冷蔵庫の開閉情報で見守りサービス/三協立山、2021年5月期通期予想を発表=営業利益85%減/YKKAP、「戸建性能向上リノベーション実証プロジェクト」で静岡『for LONG 名古屋の家』=樹脂窓「APW330」や開口部耐震商品「フレームⅡ」など使用/マンション修繕工事費算出ツールを無料公開=住宅金融支援機構、管理組合など向けに簡易入力でシミュレーション/住宅ローン利用者の実態調査=金利低下の見通しが増加、住宅金融支援機構調べ/コロナ後、オンライン消費増でもコミュニケーションは対面で=国交省が行動変化を調査/8月の住宅投資は9%の減少=国土交通省公表/住宅金融支援機構、「フラット35リノベ」の要件を変更=最低工事金額を新たに設定/ベターリビング、優良住宅部品「防災安全合わせガラス」にAGCやセントラル硝子、日本板硝子の製品を認定 他

人事・機構改革
長谷工コーポレーション/長谷工不動産/野村不動産/野村不動産アーバンネット/デザインアーク/大和リゾート/エネサーブ

住宅産業新聞定期購読のご案内
新聞を定期購読 | アプリ版で購読
見本紙をダウンロード
 関連(広告)

関連するキーワード

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)