2020年5月14日(第1994号)/2019年度新設住宅着工、7%減の88万3千戸=持ち家、減少率は小幅 | 住宅産業新聞

2020年5月14日(第1994号)/2019年度新設住宅着工、7%減の88万3千戸=持ち家、減少率は小幅

主なトピックス
プライムライフテクノロジーズ、第1次中計で「稼ぐ力」伸ばす=新築請負の利益率2ポイント引き上げ/ハイアス・アンド・カンパニー「大工アカデミー」、会社の中核を担う大工育成=子会社のアール・プラス・マテリアルが運営/新型コロナウイルス感染拡大が決算発表に影響、住設大手〝延期〟相次ぐ=今期業績予想については「未定」も/住宅局、住宅ローン減税特例措置の書式を示す=消費増税の特例で入居要件を弾力運用/新設住宅着工都道府県別表(2020年3月分)

連載
コラム「ひと」=リューケンハイム代表取締役の高橋典久さん/注目の助成金=51(ナビット社長 福井泰代)/これからの木造建築のつくり方=17(株式会社MAKE HOUSE・今吉義隆)/住宅トラブル対応作戦 弁護士・石川利夫=269

掲載記事一覧
新設住宅着工2020年3月、持ち家は回復傾向/プライムライフテクノロジーズ、利益重視へシフト=〝新築請負偏重型〟から脱/LIXILグループ、投資会社にペルマ社売却=ペルマ社、取得4期目から最終赤字継続/新型コロナで換気の問い合わせが増加、24時間換気システム使用「わからない」とも=YKKAPやダイキン工業が方法紹介/住友林業、2時間耐火の木質部材開発=一般流通材使いコスト低減/積水化学住宅Cの19年度業績・20年度計画=売上げ全事業で計画未達、4期ぶり減益に/大東建託、19県43支店で営業再開/スタイルポート、ヒノキヤグループなどから資金調達=VR内覧システム「ROOV」の市場領域拡大/ランディックス「sumuzu」、4月のUU数、UV数が伸長=日対面型の需要増加/ランディックス「sumuzu」、4月のUU数、UV数が伸長=日対面型の需要増加/ルクレ「蔵衛門御用達2020」の新機能を無料提供/LIXIL住研がアイフルホームの商品体系を統一/アキュラホームが災害支援施設を2拠点追加/3月の木造軸組住宅着工、7ヵ月ぶりに前年同月比増/新型コロナウイルス感染拡大、LIXILグループ「リフォーム受注に影響」と=パナソニック、通期予想を下方修正/文化シヤッター、新型コロナウイルス感染症対応で「ウォークスルータイプPCR検査用ブース」販売/三協立山・三協アルミ社、施工方法紹介の専用サイト「職人ファースト宣言!!」を開設=実際のエクステリア製品使い映像で/三協立山・三協アルミ社、仕様拡充の電動アシスト自転車用ポート「スマイリンⅡ」リリース=「端部柱タイプ」など追加/BXカネシン、「プレセッターSU」がウォールスタットの製品認証取得=シミュレーション精度が向上/ダイキン工業、「同志社―ダイキン『次の環境』研究センター」を開設=「CO2分解」で共同研究/セイキ販売「ルポウッド」発売、木粉55%配合のデッキ材=ムク形状で〝割れ〟に強く/YKKAP、木質インテリア建材「ラフォレスタ」シリーズに「ラフォレスタF」追加/大建工業、ホームページに「収納情報サイト」=壁面収納「ミセル」の部屋別画像事例など掲載/建築指導課、建築士のIT重説を暫定運用=設計受託契約で/国交省、マンション再生に補助=適正管理を促進/年度末の建設業許可、全国で47万2千業者/国交省、既存住宅で新指標を公表/5月の住宅ローン金利 他

決算
大東建託20年3月期連結

人事・機構改革
積水ハウス

 関連(広告)

関連するキーワード

最近の紙面

過去の紙面

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)