13年住宅・土地統計調査の速報、総住宅数は6063万戸

総務省は29日、2013年住宅・土地統計調査の速報集計を公表した。それによると、13年10月1日時点の総住宅数は6063万戸で前回(08年調査)から305万戸増加した。

また、空き家は820万戸、空き家率が13・5%と過去最高を更新した。少子高齢化の進展などで空き家率は増加傾向にある。持ち家は前回より192万戸増加し3224万戸で、持ち家率は61・9%と前回と比べて0・8ポイント上昇。太陽光発電装置のある住宅は157万戸で約3倍に増え、9割以上を持ち家が占めた。

居住世帯のある住宅は5210万戸で、総住宅数の85・9%。このうち、居住専用住宅が97・8%を占める。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2014年07月31日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)