司コーポレーション、型枠を外さない基礎断熱型枠「タイト・モールド」を建築・建材展2015に出展

司コーポレーション(群馬県沼田市、松井健二代表)は3月3日から6日まで、東京ビックサイトで開催される「建築・建材展2015」に、自社開発の基礎断熱型枠「タイト・モールド」(特許取得済)を使った地下空間の有効利用の提案をする。

タイト・モールドは、職人不足による施工環境の変化への対応と、施工の精度および迅速化を目的に、断熱材で作る基礎型枠材として開発した。住宅の基礎工事と同時に地下空間の施工が可能。浮かし型枠の採用によりコンクリート打設が1回で済むメリットがあるほか、継ぎ目がなく高強度、低環境付加、断熱性・耐震性に優れる、施工が簡易――などの特徴があり、同社では「基礎工事と同時に安価で多目的に使える地価空間を設けることができる」と説明している。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)