三井ホーム施工の木造で国内最大の植物工場完成

千葉県柏市の「柏の葉スマートシティ」で、木造で国内最大級の植物工場が完成した。三井ホームが、みらい社と三井不動産から設計・施工を請け負い建設を進めていたもの。三井ホームの施設系建築事業「with wood(ウィズ・ウッド)」の一環で、独自の大空間構成技術を駆使し、494平方メートルの無柱空間を実現している。

三井ホームでは、木造の施設系建築を、成長戦略の大きな柱と位置づけ、今後事業拡大を図っていく。

植物工場には、空気環境のクリーンさと適切な温度管理が重要で、木が本来備える断熱・調温・調湿機能を利用し空調効率を向上。さらに、枠組壁工法のモノコック構造による気密性能の高さから、外部からの不要物の侵入をシャットアウトする。

また、室内側に柱型が出ないため、室内の有効面積の最大活用が可能となっている。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2014年06月12日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)