東急リバブル、地盤調査新メニューに | 住宅産業新聞

東急リバブル、地盤調査新メニューに

東急リバブルは、中古住宅(一戸建て・マンション)の建物検査・保証を行う「リバブルあんしん仲介保証」の制度内容を見直した。

新たな検査(調査)・保証サービスとして「埋設物撤去保証」と「地盤調査保証」を新設。また、既存の「建物保証」については検査有効期間の延長と買い主の免責金額の引き下げを行ったほか、住宅設備保証で対象設備や故障・不具合対応内容の拡大も図っている。

2014年4月10日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)