積水ハウス、戸建住宅用液状化対策で新工法

積水ハウスは、戸建住宅向けの液状化対策工法『SHEAD(シード)工法』を開発した。

土木やビル建築などの大規模工事において実績のある「格子状地盤改良」の技術を応用。小規模な住宅でも、同様の効果が得られるよう設計手法を確立するとともに、住宅で一般的に用いる小型の地盤改良機械での施工を可能にした。杭状地盤補強工法のワンランク上の液状化対策として「現実的な費用で」(同社)提案していく。

2014年4月10日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)