旭化成ホームズ、低層住宅鉄骨構造見直し、階から層へ新たな空間提案、ヘーベルハウスに「ネクスト」

旭化成ホームズは、2階建て戸建住宅用主力の「鉄骨軸組ハイパーフレーム構法」の主要構造材である、鉄骨構造の見直しを行った。

躯体の制震フレームを増やしたほか、柱脚・基礎を強化した「ハイパワード制震ALC構造」を開発し、新たに階から層への空間提案を行う。11月1日から、『NEXT HEBEL HAUS(ネクストヘーベルハウス)』として展開。消費税率アップ後の市場環境変化への対応となるもので、「魅力ある商品を投入することで、顧客の購買意欲の盛り上げを狙う」(同社)としている。

当面、既存商品との併売となるが、新構造に順次シフトしていく方針だ。

2013年10月31日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)