住友林業の油汚染土壌改良技術、環境省の調査で委託対象に選定 | 住宅産業新聞

住友林業の油汚染土壌改良技術、環境省の調査で委託対象に選定

環境省が実施している「平成25年度低コスト・低負荷型調査対策技術検討調査」で、住友林業の提案である『日本シバによる油汚染土壌のファイトレメディエーション』が、委託対象技術に選定された。今後、費用の一部支援を受けて調査や実証実験を実施し、実用化へ向けた取り組みを行う。
ファイトレメディエーション(植物修復)とは、植物が水や養分を吸収する能力を利用して、汚染物質を分解させる技術。従来、海外で使われている牧草類は油分に対する使用濃度に限界があることや、日本では夏季に枯死する場合があるなどいくつかの課題があった。

2013年8月1日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)