アサカワホーム、地方展開に着手、第1弾の名古屋皮切りに栃木・宇都宮や静岡も | 住宅産業新聞

アサカワホーム、地方展開に着手、第1弾の名古屋皮切りに栃木・宇都宮や静岡も

アサカワホーム(本社=東京都立川市、細渕弘之代表)が地方展開に乗り出す。現在同社のメーン営業エリアは東京都市圏で、本社のある東京と、隣接する神奈川および埼玉。地方展開の第1弾として12日に名古屋支店をオープン。今後さらに新規の地方展開として8月に千葉の市川、9~10月に栃木の宇都宮、年内を目標として静岡に、それぞれ支店を開設する。各支店では本社主力事業の建売分譲の法人請負で培ったノウハウを反映させた「ローコスト・ハイグレード」(同社)の戸建住宅を、エンドユーザー向けおよび地元不動産事業者からの法人請負として販売する。新設支店では状況により建売の自社販売も行う意向だ。

2013年7月18日付け11面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)