「美しい村」武蔵浦和に、EV対応や費用蓄電池も=中央住宅マインドスクェア事業部 | 住宅産業新聞

「美しい村」武蔵浦和に、EV対応や費用蓄電池も=中央住宅マインドスクェア事業部

ポラスグループ・中央住宅(本社=埼玉県越谷市、品川典久社長)マインドスクェア事業部は4日、さいたま市南区の建売分譲地「ボゥヴィラージュ武蔵浦和」(全45棟)を報道関係者に公開した。

JR武蔵浦和駅徒歩17分に立地する同分譲地は、フランスで「最も美しい村」と認定されている南仏リュベロンの村々をモチーフに、温かみのある美しい街並みの創出を目指した。全住棟で電気自動車対応の屋外コンセントを標準とするほか、非常時の電源確保で全物件の3割弱に当たる12棟に大容量・長寿命の蓄電池を標準搭載する。

2013年4月11日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)