地盤紛争の多くは盛土・擁壁、諏訪技術士事務所の諏訪氏が発表

京都大学・一般共同研究委員会「地盤事故・災害における法地盤工学の展望と提言」は16日、京都大学防災研究所で「地盤に起因する建築紛争の解決に向けたワークショップ」を行った。

その中で、裁判所の調停委員・専門委員として数多くの地盤紛争に触れた経験を持ち、委員会の主査を務める諏訪靖二氏(諏訪技術士事務所)が発表、(1)地盤紛争の多くは盛土・擁壁に関するトラブル(2)盛土締固めの機械に関する基礎知識が欠かせない(3)改良に使用する固化剤の選定には注意――などの要点を紹介した。諏訪氏の発表の概要を掲載する。

2013年3月28日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)