戸建分譲にスマートハウス仕様、ピークシフトに効果、理解深める取り組みも必要

スマートハウス仕様の戸建住宅分譲が相次いでいる。

東日本大震災以降の社会的な「節電モード」を背景に、注文住宅のスマートハウス化が進行し、それが分譲分野にも広がった格好だ。エネルギーの消費抑制とともにピークシフト効果の観点で、分譲の持つポテンシャルは高く果たす役割に期待感も強まっている。

とはいえ、現状のスマートハウス自体がイメージ先行商品で、「HEMS」(家庭用エネルギー管理システム)も、実態としてユーザーに理解されているとは言い難いのも事実。対応を誤れば、一過性のブームで終わるとの指摘もあり、積極的な取り組みを求める声もある。

2012年10月4日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)