旭化成ホームズが住宅事業40周年記念の二世帯住宅、世帯間で電気と熱を融通 | 住宅産業新聞

旭化成ホームズが住宅事業40周年記念の二世帯住宅、世帯間で電気と熱を融通

旭化成ホームズは、住宅事業開始40周年記念商品となる二世帯住宅『ヘーベルハウス&Nico(アンド・ニコ)』を開発し、4月28日から販売する。太陽光発電システムと燃料電池「エネファーム」で作った電気と熱を両世帯間で融通する「エネルギーシェアシステム」を搭載。さらに、二世帯住宅のトップブランドとして、家族が自然に集い交流しやすいノウハウを詰め込み、都市近郊の建替需要に対応していく。

アンド・ニコは、家族の絆やエネルギー問題への関心の高まりを捉えて、家族の住まい方に関する知見を集約して開発したもの。(1)空間の提案「コラボ・スペース」(2)設備の提案「コラボ・エナジー」(3)外観の提案「コラボ・フェイス」──がポイントとなる。
コラボ・スペースでは、これまで同社が培ってきた二世帯住宅提案を盛り込んだ。積極的に同居を楽しみながら、それぞれに寛げる居場所を見つけられるとともに、両世帯がゆるやかにつながりつつ交流を深めていける工夫を施した。

2012年4月26日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)