住宅FCや関東で展開する木造事業者で、一部商品に制震システム標準化の動き | 住宅産業新聞

住宅FCや関東で展開する木造事業者で、一部商品に制震システム標準化の動き

住宅フランチャイズや関東で展開する木造住宅事業者の間で、一部商品に制震機能を標準化する動きが出ている。

住宅FCのLIXIL住宅研究所(今城幸社長)は1日、同社アイフルホームカンパニーの主力商品の長期優良住宅仕様に制震システムを標準搭載した。東京エリアで建売を扱う桧家不動産東京(関口堯社長)は3月以降完工の全物件に制震システムを標準化する。両社とも大地震発生を懸念するエンドユーザーに「制震」を新たな付加価値としてアピールする意向だ。

注文住宅商品を扱うLIXIL住宅研究所のアイフルホームカンパニーは1日、同カンパニーが販売する戸建住宅商品全4商品のうち最多販売数で主力商品のセシボについて、EX仕様(長期優良住宅仕様)を制震システム標準搭載の「NEWセシボEX仕様」(建物本体価格は延床面積約122・0平方メートルで約1344万円)に改めた。制震標準化はスケールメリットを活用、コスト増分はスケールメリットがない場合の約半額近くの40万円程度と推測される。

2012年4月5日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)