ミサワインターナショナル、27キロワットの太陽光発電システム搭載の住宅商品を発売 | 住宅産業新聞

ミサワインターナショナル、27キロワットの太陽光発電システム搭載の住宅商品を発売

住宅ボランタリーチェーン事業を展開するミサワインターナショナル(本社=東京都新宿区、三澤千代治社長)は1日、加盟店向けに販売する住宅ブランド・ハビタの商品ラインアップとして、大容量の太陽光発電を搭載し長期的な売電で住宅購入費をカバーすることを狙ったスマートハウス「ゼロエネ」(発電能力9・66キロワット)と「ゼロエン」(同27・6キロワット)を発売した。

搭載するHEMSは消費と発電電力がモニター確認できる「見える化」仕様。両商品とも太陽光発電とHEMS搭載で価格2800万円の設定だ。

ゼロエネは延床面積約133・7平方メートルの2階建て、ゼロエンは同99・0平方メートルの平屋建てで、軒の出の深い大型屋根とガレージ屋根にソーラーシステムを載せることで、発電能力を大容量としたことが特徴。同社では売電額42~14円/キロワットで35年間発電する試算で、ゼロエネは住宅価格の17・5%、ゼロエンは同75・6%の投資額を回収できると説明している。

2012年3月8日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)