大和ハウス、iPad活用し住宅営業革新へ、プレゼン機能強化やシンクライアント化も | 住宅産業新聞

大和ハウス、iPad活用し住宅営業革新へ、プレゼン機能強化やシンクライアント化も

大和ハウス工業は、アップル社のタブレット端末「iPad」を活用した住宅営業革新に取り組む。

デジタル商談ツール「ディーブラウザー」によるユーザー向けのプレゼン機能の強化とともに、営業業務の基幹システムの「シンクライアント」化に基づく。従来のノートパソコンと比べ軽量で操作性に優れ、しかも安価な点がメリット。重要なデータは本社のサーバー上に置き、端末には残らないため万一端末を紛失した際にも、個人情報など顧客データが流出することはない。11月中にも住宅営業マン全員と管理職、一部スタッフに配布する。

2011年11月24日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)