S×Lがヤマダ電機子会社に、新築のノウハウと信用力の補完で一致 | 住宅産業新聞

S×Lがヤマダ電機子会社に、新築のノウハウと信用力の補完で一致

エス・バイ・エル(S×L)が、家電量販店最大手のヤマダ電機の連結子会社となる。

ヤマダは、S×L株の4割を所有するユニファイド・パートナーズとの間に、株式譲渡契約を結ぶとともに10月12日を期限とするTOB(株式公開買い付け)を実施。さらに、S×Lによる第三者割当増資の引受も行い5割超の株式取得を行う。ヤマダにとって、自社のスマートハウス事業を推進する上で、新築住宅のノウハウが必要と判断。S×Lは、ヤマダの傘下となることで信用力の回復と企業価値の向上を狙う。

2011年8月25日付け1面から記事の一部を抜粋

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)