積水ハウス、11月メドにICタグ活用のゼロエミシステム | 住宅産業新聞

積水ハウス、11月メドにICタグ活用のゼロエミシステム

積水ハウスは、ICタグを活用した「次世代型ゼロエミッションシステム」について、11月をメドに全国展開を終える。住宅の施工現場で発生する、廃棄物の削減と再資源化促進を狙いとしたもの。本格稼働に伴い、2010年度の廃棄物発生量を、前年度比で10%の削減を目指す。

さらに、実施3年後には年間で約3億円のコストダウンにつなげる。同社では、2007年1月から施工現場で建築廃棄物を27種に分別するとともに、各回収袋にICタグを貼付。廃棄物の種別と発生量の詳細なデータ集計・分析を可能にするシステムを、国土交通省の助成事業として、全国の22支店で試行してきた。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)