パナホーム、CO2±ゼロ住宅実現へ産学共同開発、7月から3ヵ年計画で | 住宅産業新聞

パナホーム、CO2±ゼロ住宅実現へ産学共同開発、7月から3ヵ年計画で

パナホームは、居住段階でのCO2排出を相殺してゼロにする『CO2±0(ゼロ)住宅』実現へ向けて、産学共同開発をスタートさせる。東京大学と日建設計、海法圭建築設計事務所との共同研究、及びパナソニックグループとの連携によるものだ。滋賀県東近江市のパナホームの本社工場に戸建住宅による研究棟の建設を進めており、将来的な商品化を目指し7月から3ヵ年計画で実証実験を行う。

ダイレクトゲイン(日射熱取得と蓄熱)やヒートポンプ技術の導入、居室間の熱融通などの空間設計を導入するなど、自然エネルギー活用の研究を行う。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)