パナホーム、CO2±ゼロ住宅実現へ産学共同開発、7月から3ヵ年計画で | 住宅産業新聞

パナホーム、CO2±ゼロ住宅実現へ産学共同開発、7月から3ヵ年計画で

パナホームは、居住段階でのCO2排出を相殺してゼロにする『CO2±0(ゼロ)住宅』実現へ向けて、産学共同開発をスタートさせる。東京大学と日建設計、海法圭建築設計事務所との共同研究、及びパナソニックグループとの連携によるものだ。滋賀県東近江市のパナホームの本社工場に戸建住宅による研究棟の建設を進めており、将来的な商品化を目指し7月から3ヵ年計画で実証実験を行う。

ダイレクトゲイン(日射熱取得と蓄熱)やヒートポンプ技術の導入、居室間の熱融通などの空間設計を導入するなど、自然エネルギー活用の研究を行う。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)