パナホーム、2018年に全戸建住宅をZEHへ、街全体でエネ収支「ゼロ」に | 住宅産業新聞

パナホーム、2018年に全戸建住宅をZEHへ、街全体でエネ収支「ゼロ」に

パナホームが『スマート&エナジー戦略』強化に取り組む。2018年をメドに、同社の全戸建住宅をZEH(エネルギー収支がゼロとなる住宅)仕様にするとともに、街全体で系統(電力会社の)電力に頼らないエネルギーの自立化を確立する計画。ZEHについては、「国が定めた導入目標である20年より2年前倒しし、(パナホームとして)開発にリーダーシップをとっていきたい」(藤井康照社長)と意欲をみせる。また、この先駆けとなる同社初の単独のスマートシティ分譲地「潮芦屋」(兵庫県芦屋市)では、戸建てとスマートマンションとのタウンマネジメントによる、街全体でのエネルギー収支ゼロ実現を目指す。

2013年9月5日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)