積水化学住宅C、マザー工場に先進ロボ導入=生産性向上で競争力強化

積水化学工業住宅カンパニー(東京都港区、神吉利幸プレジデント)は10日、同社のマザー工場にあたるセキスイハイム工業東京事業所(埼玉県蓮田市)の住宅生産工場を報道陣に公開した。

プレハブ住宅メーカーにとって、工場・生産現場は「競争力の源泉」だ。同社は2021年5月、ユニット構造体自動組立設備を導入し、生産ラインを再構築することで生産性を20年度比で15%向上させた。

今後は鉄骨住宅を生産する全7工場の構造体生産工程自動化率を22年度の85%から30年度には95%を目指す。生産現場革新で、工業化住宅の強みを磨き上げる。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年06月21日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)