積水化学住宅C、賃貸集合住宅に『ZEH―M』モデル追加=再エネ活用で入居者・オーナー双方のメリット創出

積水化学工業住宅カンパニー(東京都港区、神吉利幸プレジデント)は22日、ファミリー向け賃貸集合住宅の新商品「Letoit AZ(レトアエーゼット)『ZEH―M』モデル」を首都圏・中部・近畿エリア(多雪地域を除く)で発売した。

大容量の太陽光発電パネル(PV)の搭載が可能なフラット屋根を採用し、ZEH―Mシリーズ4区分のなかで対応が最も難しく、最も環境貢献度が高い最高ランク「エネルギー削減率100%以上」を実現する。太陽光で発電した電気は入居者が利用するとともに、余剰電力は売電収入としてオーナーが得る新方式「電力シェアスタイル」を採用し、入居者・オーナー双方のメリットを創出した。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年04月26日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)