ナイスがリフォーム事業部新設、新店舗開設で営業体制を強化へ

ナイス(横浜市鶴見区、杉田理之社長)は、1日付で機構改革を実施。住宅事業本部にリフォーム事業部を新設することで、今後は情報館(不動産仲介)、マンション、分譲住宅、注文住宅の5事業部体制としていく。

ナイスグループのナイスコミュニケーションサービス「ナイスリフォームプラザ」では、マンションリフォームを中心としたリフォーム事業に取り組んでおり、これまでの実績は1万件に及ぶ。

さらに同日付で「ナイス住まいの情報館 鶴見西」の隣接地にリフォーム事業の新店舗として「ナイスのリフォーム」をオープンした。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年04月12日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)