大和ハウス工業、公設市場建替を推進=第1弾は富山市で

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は2月25日、富山市公設地方卸売市場(富山市掛尾町)の再整備事業の本体工事に着手したと発表した。

全国に約200ヵ所あるとされる公設卸売市場は、老朽化や耐震性不足、取扱量の減少に伴う施設規模の過大化などの課題を抱えているという。豊富な物流施設開発実績を持つ同社は、富山市の再整備事業を第1弾に、全国各地の卸売市場再整備事業公募に積極的に応募するとした。

公設卸売市場を中核とする市街地再開発事業への発展も見込め、同社の今後の事業成長の柱になりそうだ。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年03月08日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)