大和ハウス工業、新研究施設が奈良市内にオープン=共創人財育成へ

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は、グループの新たな研修施設となる『みらい価値共創センター(愛称=コトクリエ)』(奈良市西九条)を1日オープンさせた。

国際的で多様性に富んだ人財(材)の育成を目的とした施設で、グループの社員教育に加え、異業種企業や研究機関との「共創」や地域の子どもたちとの「共育」といった幅広い活動を予定。「〝世代を超えて、すべての人が、自分らしく、よく生きられる社会〟の実現に向けた、新しい価値を生む『みらい共創人財』の育成拠点」と位置付ける。

2021年10月07日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)