アネシスグループのリリーフ、独自の防災マニュアル活用=被災経験からノウハウを蓄積

アネシスグループのリリーフ(熊本市中央区、前田優社長)は創業以来、災害発生時にオーナーの生活を守る取り組みに注力。独自に作成した災害マニュアルを活用して復旧対応に尽力してきた。

これまで培ってきたノウハウを全国の工務店に向けて発信する取り組みもあって、2019年にはレジリエンス認証を取得。さらに今年3月には、「第7回ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化大賞)」の最優秀賞を受賞している。

同社では災害時を想定したオーナーとのコミュニケーションアプリの開発を予定するなど、今後も生命・財産を守る取り組みを継続していく考えだ。

2021年09月02日付3面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)