積水ハウス、間取り連動スマートホームサービス提供開始=生活ログ蓄積し新たな価値提案に

積水ハウス(大阪市西区、仲井嘉浩社長)は、人生100年時代の幸せをアシストする家の実現に向けた間取り連動スマートホームサービス「プラットフォームハウスタッチ」を8月30日に発売した。

住宅内の設備機器が遠隔操作できるほか、機器操作の履歴をクラウド上に蓄積する。

外部との通信は、1台の小型コンピュータに集約して機器を直接狙うサイバー攻撃のリスクを低減する。

ハウスメーカーとして蓄積してきた経験や発想をサービスに盛り込み、住宅としての新たな価値提供、幸せ提案に発展させたい考えだ。

2021年09月02日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)