大東建託が多様性に合わせた提案、可動式間仕切りやアウトドアドアリビングの導入などで長く住み続けられる賃貸住宅に

大東建託(東京都港区、小林克満社長)は、ライフスタイルに合った部屋に住みたいという希望に応えて複数の使用方法が可能な賃貸住宅を提案することにより、入居者だけではなくオーナーにも喜ばれる取り組みに注力している。

特に可動式間仕切りによる複数のパターンに間取り変更できる考え方やリビングとつながったアウトドアリビングの導入など、〝長く住み続けられる賃貸住宅〟として付加価値を加えるための商品開発を行っているのが特徴だ。

同社では「今後も多様性をキーワードとして、新たな価値を創造する取り組みを行っていく」(商品開発部・松岡透次長)と語っている。

2021年04月08日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)