LIXILの窓新製品、現行品の〝切り替え〟=新しいプラットフォーム採用、2021年度実施予定の事業施策

LIXIL(東京都江東区、瀬戸欣哉社長)は2021年度の事業施策「アルミ窓」「アルミ・樹脂複合窓(以下、複合窓)」「樹脂窓」の新製品投入(1日付4面で既報)の際、新製品に構成部材・部品の総点数を現行品から削減した新しいプラットフォームを採用する。また、新製品の扱いは現行製品への追加ではなく、現行の主要製品シリーズを新製品に置き換える〝切り替え〟とする。住宅産業新聞の取材に対しLIXILが明らかにした。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)