ポラスタウン開発「ブルックスクエア小竹向原」がデザイン性のある分譲地を展開、ニューヨークのブルックリンの街並みをモチーフとして

ポラスグループのポラスタウン開発(さいたま市南区、中内晃次郎代表)は現在、東京都板橋区内で展開している分譲地「ブルックスクエア小竹向原」(全12棟)の販売を行っている。今回の分譲地では、周囲の住宅とは一線を画したデザイン性のある分譲地とするため、同社が2016年から展開していているブルックスクエアシリーズとしたほか、(1)共働き世帯を想定した設計(2)コロナ禍における生活提案(3)東京ガスとのコラボ――という点をキーワードとしている。同分譲地は1月15日から販売をスタートしており、外観デザインや内部のつくり込みの良さが評価され、2月26日現在で5棟が成約している。同社は今後、都内において用地取得を積極的に行っていく考えであり、数年後には練馬区や板橋区への出店も視野に入れている。

2021年03月04日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)