◎アイホームズが基礎下免震「スーパージオ工法」を標準採用、勉強会や現場見学会に注力=無理のない予算で悩みを解決する家づくりを◎ | 住宅産業新聞

◎アイホームズが基礎下免震「スーパージオ工法」を標準採用、勉強会や現場見学会に注力=無理のない予算で悩みを解決する家づくりを◎

東京23区の城東エリアで注文住宅を供給しているアイホームズ(東京都墨田区、五十嵐照勝社長)は、基礎下免震「スーパージオ(SG)工法」を標準とした取り組みを行っている。同社の特徴は「無理のない予算で悩みを解決できる家づくり」を行うという〝安くて良い家をつくる〟を理念としていること。さらに15年前からは家づくりの参考にしてもらうために、家づくりの順番などを学ぶ勉強会や現場見学会の開催に注力している。コロナ禍においては、住み心地の良い居住空間と付加価値のある家づくりをコンセプトとして、「免震工法で建てる抗ウイルス抗菌仕様対応の家」をアピールする取り組みも開始している。

2021年02月25日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)