クリナップ、オンライン接客対応店舗を拡大=〝従来は来場困難な層〟掘り起こし、旗艦SRに加え全国の一般SRも | 住宅産業新聞

クリナップ、オンライン接客対応店舗を拡大=〝従来は来場困難な層〟掘り起こし、旗艦SRに加え全国の一般SRも

緊急事態宣言の対象地域は8日、10都府県で約1ヵ月の期間延長に入った。対象地域の大手住設建材メーカー各社のショールームは通常運営のほか時短や完全予約制で対応しており、昨年のような長期の休館で大規模な機会損失が生じる事態には至っていないが、コロナ禍が来場意欲に負の影響を与えていることは間違いない。そうしたコロナ対策として大手の一部が昨年始めた施策がショールームのオンライン接客だ。2店舗で始めたオンライン接客対応のショールームを、今年に入り全国102店舗のうち50店舗へ拡大させたクリナップ(東京都荒川区、竹内宏社長)を取材した。

2021年02月11日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)