◎矢野経済研究所、2020年の住宅リフォーム市場規模減少を予測=9・0%減、営業自粛やマインド冷え込みなどで◎ | 住宅産業新聞

◎矢野経済研究所、2020年の住宅リフォーム市場規模減少を予測=9・0%減、営業自粛やマインド冷え込みなどで◎

矢野経済研究所(東京都中野区、水越孝社長)は21日、2020年の住宅リフォーム市場規模の売上高を前年比9・0%減の5・9兆円とする予測を発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を背景に、4月から5月にかけての営業活動の制限および自粛や、消費者マインドの冷え込み、所得環境の悪化などを主な理由とする。ただ、「コロナ禍における市場への影響はマイナスだけではないものとみる」(同社)とし、新型コロナウイルス感染拡大の予防策として社会に広まった在宅勤務などを背景とする、「職住融合型リフォームや郊外の中古住宅需要の増加といった、新しい生活様式(ニューノーマル)に対する需要」(同)をプラスの可能性がある影響として挙げている。21年の同市場の規模予測は4・8%増の6・2兆円としている。

2020年08月27日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)