アネシスグループ「アネットハウス」、ネットで家づくり加速=検討期間短縮や価格割安に | 住宅産業新聞

アネシスグループ「アネットハウス」、ネットで家づくり加速=検討期間短縮や価格割安に

アネシスグループ(熊本市東区、加藤龍也社長)は、5月8日からインターネット上で理想の家をシミュレーションしながら家づくりが楽しめる注文住宅ブランド「A―Net HOUSE(アネットハウス)」のサービスを提供している。

好みの外観、内観、設備、間取りなどを選択すると自分だけの家が完成するもので、その組み合わせは200通り以上で、細かな設備の選択や追加オプションを含めるとその数は5万通りに以上になる。最終的には外構工事や諸経費を含む総額が算出され、その結果をもとにそのまま相談をすることができる。

同社では、「自分にあったプランや金額を見つけ出す段階になれば、担当スタッフとのWEB面談やモデルハウスを見学してもらうことで最適な商品を提案していく」としている。

2020年06月18日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)