ミサワホーム、初期保証期間を延長=構造体35年・防水30年に、長期保証で安心感を | 住宅産業新聞

ミサワホーム、初期保証期間を延長=構造体35年・防水30年に、長期保証で安心感を

ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)は20日、1日以降に受注・販売した木質パネル接着工法で建設した新築の専用住宅の初期保証期間を延長したと発表した。

新しい初期保証期間は、構造体は35年に、防水は30年とした。また、設備については従来の5年保証に加えて、入居後10年まで保証対応できる有償のサポートプランを追加した。長期保証による安心感を訴求する。

既存住宅解体時の品質検証や建築用材料の性能向上などにより、保証制度の改定が実現した。新制度の初期保証の内容は、構造体が35年(従来から5年延長)、防水が30年(同15年延長)、白蟻が10年(変更なし)、設備が5年(同)、仕上げ・付属部品が2年(同)。ただし、構造体と防水、白蟻の初期保証を継続させるためには、同社の点検制度に基づく無償の定期点検(1年、2年、5年、10年、15年、20年、30年)と有償の耐久性診断(10年ごと)の実施と、診断結果に基づく耐久性維持のために必要な有償工事が必要となる。

2020年04月30日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)