オムロン、事業者の太陽光発電電力自家消費に対応=6月に完全自家消費対応のパワーコンディショナー「KPW―A―2」 | 住宅産業新聞

オムロン、事業者の太陽光発電電力自家消費に対応=6月に完全自家消費対応のパワーコンディショナー「KPW―A―2」

パワコン本体(左)とゲートウェイボックス(右)パワコン本体(左)とゲートウェイボックス(右)

オムロン(京都市下京区、山田義仁社長)は事業者が太陽光発電電力をすべて自家消費する需要への対応として、6月に完全自家消費対応のパワーコンディショナー(パワコン)「KPW―A―2」を発売する。

同パワコンは、従来は抑制していた発電電力の上限を消費電力に対し最大約99%まで高められ、また、同時発売の自家消費用ゲートウェイボックスとの接続でパワコンの稼働状況や異常要因を遠隔監視できるため、専門技術者が設置現場に駆け付ける回数を減らすことが可能で「メンテナンスコスト低減が見込まれる」(オムロン)。

2020年04月16日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)