積水ハウスの第5次中計、国内戸建て事業は価格帯別3ブランド戦略で | 住宅産業新聞

積水ハウスの第5次中計、国内戸建て事業は価格帯別3ブランド戦略で

積水ハウス(大阪市北区)は6日、東京都内で経営方針説明会を開催し、5日に発表した第5次中期経営計画(2020~22年度)の詳細について仲井嘉浩社長が説明した。

基本方針は「コアビジネスのさらなる深化と新規事業への挑戦」。3年後の売上高2兆7千億円(20年1月期業績比11・8%増)、営業利益2200億円(同7・2%増)の過去最高業績を目指す。国内の戸建住宅事業は、価格帯別に3ブランド戦略を推進する。

人生100年時代の幸せを提供する住宅「プラットフォームハウス」の市場導入のほか、新規事業としてエクステリア事業の強化、家具・カーテン・インテリアでの積水ハウスブランド商品投入などを計画。付加価値を高めて、1棟の住宅あたりの総売上金額の拡大を狙う。

2020年03月12日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)