ミサワホーム=木質系工業化住宅「ミサワワン」でセンチュリーモノコック構法、幅広い層に提案 | 住宅産業新聞

ミサワホーム=木質系工業化住宅「ミサワワン」でセンチュリーモノコック構法、幅広い層に提案

高天井でゆとりある大空間リビング高天井でゆとりある大空間リビング

ミサワホーム(東京都新宿区、磯貝匡志社長)は、一次取得層に好評の木質系工業化住宅「ミサワワン」の構造・工法を120ミリ厚の木質パネルによる「センチュリーモノコック」構法に統一して各種性能を引き上げ、「センチュリーエリアワン」として11月22日に発売した。

リニューアルに合わせて、IoT機能の搭載や新モデルプランの追加などの訴求力強化も図った。

大開口・大空間を実現しながら、高耐震・高断熱で住み心地の良さも両立する同構法のラインアップの幅を広げることで、より多くの層に同社住宅の特徴・強みを訴求する。

センチュリーモノコック構法が同社住宅商品全体にひろがりつつある。

2019年12月05日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)