住友林業、新人研修にVR映像を活用=建築現場研修の効率向上に | 住宅産業新聞

住友林業、新人研修にVR映像を活用=建築現場研修の効率向上に

VR研修の様子VR研修の様子

住友林業(東京都千代田区、市川晃社長)は11月27日、2020年4月以降に実施する新入社員研修から、VR技術を活用した建築現場研修を導入すると発表した。

研修に利用するVR映像を、ゲーム事業などを手掛けるグリーと共同で製作。複数の研修受講生がVR映像を同時に視聴して、建築現場の安全管理や業務プロセスを楽しみながら習得してもらう。

研修に適した建築現場探しや現地訪問する準備、段取りの効率化と、受講生の習熟度合いの均一化が図れるという。

2019年12月05日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)