岡山ハウスデザインEXPO2019、地域に特化したリアルサイズの展示場=購入者の選択肢増やす、工務店の実力が前回より向上

日常の暮らしを想定したモデルハウス日常の暮らしを想定したモデルハウス

岡山県下に本社を置く地域工務店・ビルダー8社による住宅展示場「岡山ハウスデザインEXPO2019」が倉敷市福田町古新田地内で開催されている。

岡山県内では、2014年10月に岡山市内で行われた「岡山工務店EXPO」に続くもの。

今回、実行委員長を務めているヘルシーホームの河井敏宏社長は「前回よりも工務店・ビルダーの実力は上がっている。地域に特化したリアルサイズで手頃な価格の物件が一度に見られることは、お客さまにとって住宅の選択肢が増えるなどメリットは大きい」と語る。

同展示場は6月30日までの期間限定で開催されている。

2019年05月23日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)