パナソニックホームズ=賃貸をIoT化、エアコンや湯張りを遠隔操作 | 住宅産業新聞

パナソニックホームズ=賃貸をIoT化、エアコンや湯張りを遠隔操作

パナソニックホームズ(大阪府豊中市、松下龍二社長)は11日、インターネットを経由して家電や住宅設備を遠隔操作したり、宅配物の到着をスマートフォンに知らせる機能を盛り込んだ賃貸住宅「スマートグラン荻窪」を完成させた。

生活の利便性や快適性を高めて、入居率アップや経営の安定化につなげる。

2018年09月20日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)