ポラスガーデンヒルズがYKK APなどと建築と外構を一体設計した分譲住宅を展開 | 住宅産業新聞

ポラスガーデンヒルズがYKK APなどと建築と外構を一体設計した分譲住宅を展開

ポラスグループのポラスガーデンヒルズ(千葉県松戸市、坂倉利昌社長)はこのほど、千葉県柏市内に建築と外構を一体的に設計した分譲住宅「庭廊(にろ)の私邸」を展開した。同分譲地は、JR常磐線の柏駅から徒歩6分に立地しており、2棟から構成されている(既に2棟とも販売済み)。同社とYKKAP(東京都千代田区、堀秀充社長)、グランフェイス/レクス―デザインオフィス東京(大熊一幸代表)の三位一体によるコラボレーション企画。企画段階から三者が連携したことにより、敷地内の一体的な設計が行われたことがポイントだ。ポラスガーデンヒルズでは、今回をテストケースとして考えており、建築と外構の一体的な設計を定着させることで、よりよい街なみづくりに注力していく考えだ。

2017年12月07日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)