旭化成ホームズ、体験型シアタールーム開設、「共感」コンセプトに取得意欲喚起 | 住宅産業新聞

旭化成ホームズ、体験型シアタールーム開設、「共感」コンセプトに取得意欲喚起

旭化成ホームズは、新宿NSビルにおいて体験型シアタールーム「THE VISION HEBEL HOUSE(ザ・ビジョン ヘーベルハウス)」を21日にオープンする。住宅取得の初期段階の顧客を対象に「共感」をコンセプトにした映像コンテンツ。同社の理念やロングライフ住宅への想いなどを伝え、顧客に家作りの魅力を認識してもらうことで、住宅取得意欲を高める。シアタールームは4方向の壁や天井をスクリーンに使い、ヘーベルハウスの新商品や東京営業本部が管轄する20ヵ所の住宅展示場を家族全員でバーチャル体験が可能だ。同社東京営業本部によれば、ヘーベルハウスを検討した顧客数は、消費増税駆け込み期並みに推移する一方、契約数が少なく、検討期間が長期化しており、住まいづくりの楽しさといった経済的なメリット以外を訴求して契約を後押しする狙いがある。東京営業本部では所管する東京・山梨エリアにおいて、1ヵ月の来場目標を50組とし、年間受注目標では180棟増(前年比10%増)を見込んでいる。

2017年01月19日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)