日本ログハウス協会、ハイブリッドログ開発曲げ試験で性能確認

日本ログハウス協会(中川信治会長)は3月31日、東京都千代田区の主婦会館プラザで「平成27年度技術講習会」を開催、林野庁委託事業等調査研究報告やログハウス外壁等の防耐火大臣認定性能評価などについて講演を行った。協会会員を中心におよそ70人が出席した。主に国産材活用を目的とする「ハイブリッドログ部材開発」の曲げ試験については「曲げに対してある程度の性能が確認できたうえに、見栄えがいい」という狙い通りの製品ができたことで、今後、コストが上手く折り合えば、商品化の可能性が高まる状況にあることが紹介された。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2016年04月07日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)