コンピュータシステム研究所「ALTA for VR」、間取りプランをバーチャル空間で体感

コンピュータシステム研究所(東京都新宿区、長尾良幸代表)のバーチャル住宅展示場作成システム「ALTA for VR」が地域の有力ビルダー向けに販売数を増やしている。昨年2月の発売以降「各都道府県に1~2システム入ったイメージ」(コンピュータシステム研究所)だ。システムの特徴は主に2つ。一つは、実寸大の3D空間プランの中に入り等身大の視点で提案を把握できる点。もう一つは、異なるバリエーションのプランでもその場のデータ入力で即座に示せるため、同時に複数のプラン提案を行っても差を理解してもらいやすい点だ。「差別化として間取り提案を重視している事業者にうってつけのツール」(同)という。3D画像をタブレット端末やパソコン画面といった二次元で提示することが主流の現在の間取りプレゼン分野で、仮想現実空間における提案プランの体感という新ジャンルを開いた「ALTA for VR」を取材した。

2016年04月07日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)