ハイム下期受注獲得策、建て替えや木質で新商品

積水化学工業住宅カンパニーは、2015年度下半期(10月―16年3月)の受注獲得施策として、「集客、増分、競争力(新商品)の3つ」(関口俊一住宅カンパニープレジデント)を掲げた。具体的には、新築住宅において消費増税による駆け込みに伴う都市部の建て替え層に対応するため、基幹商品であるフリープランの「パルフェ」のバリエーションを強化する。また、「スマートパワーステーション」シリーズの拡充、木質系新商品の発売、集合住宅新商品発売などにより「競争力」を高める。新人営業マン300人が本格稼働し営業マン2400人体制を維持、販売可能な土地を前年同月比30%増の2400区画取得し分譲住宅販売を積極化、50人増員し集合住宅専任体制強化により「増分」を図る。さらに、全国一斉の販売施策として11月~12月にかけて工場見学会や建売分譲地の完成現場見学会などの実施で「集客」する。

2015年11月05日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)