積水化学住宅カンパニー、2千万円台の木質ユニット「グランツーユーV」本格展開

積水化学工業住宅カンパニーは、木質ユニット工法による2千万円台を中心とした戸建住宅を28日から全国で販売を開始する。新たに投入する「グランツーユーV(ファイブ)」は、新2×6ユニット工法「W5工法」を導入し、天井パネル設置や一部の内外装工事・設備工事を工場生産化することで、現場での工数を同社の2×4ユニット工法の商品よりも約15~20%削減してコストを低減した。今年4月から9月末まで一部地域で先行販売した結果、約600棟の契約があったため、全国投入に踏み切った。住宅市場でのシェアアップの施策の一環で、同商品で一次取得者層を中心に訴求する。2018年度の販売目標を2千棟としている。

2017年10月26日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)